So-net無料ブログ作成
検索選択

“ブブロン村”~“モン・サン・ミッシェル”(フランス) [欧州旅行編]

今日は、「パリ」から「モン・サン・ミッシェル」へ
(パリから400km、バスツアーで約4時間)

途中“ノルマンディ地方の田舎町(ブブロン村)”を散策

“ブブロン村”
伝統ある建築
村にある家は全てこんな感じ。
ノルマン1.jpg

ノルマン2.jpg

ノルマン3.jpg

ノルマン4.jpg

ノルマン5.jpg


遠くに“モン・サン・ミッシェル”が見えてきた。
モンサン2.jpg

あと一息
モンサン1.jpg

“モン・サン・ミッシェル修道院”
1300年の歴史を秘めた「ラ・メルヴェイユ(驚異)」と呼ばれる中世教会建築芸術の傑作

“王の門”
王が派遣した衛兵がここに詰めていた。
王の門.jpg

“グランド・リュ” 修道院の参道
参道.jpg

“護衛の間”
“グランドリュ”を上り詰めた所にある修道院の入口
護衛の間.jpg

“大階段”
90段の階段からなる修道院見学最大の難所
高い壁に囲まれ進入した敵を狙い撃ちする為の橋が架かっている。
大階段.jpg

“西のテラス”
大階段を上りきると広い空間が広がる。
海抜80mの展望台
西のテラスから.jpg

“西のテラス”から“修道院”を望む。
西のテラスから2.jpg

“修道院”内部
“身廊”は11~12世紀にかけて造られたロマネスク様式、奥の“内陣”“後陣”は16世紀のゴシック様式
修道院内部.jpg

“回廊”
回廊.jpg

“食堂”
食堂.jpg

“貴賓室”
大切な来客者たちはここに迎えられた。
貴賓室.jpg


“サンテティエンヌ礼拝堂”
礼拝堂.jpg

“騎士の間”
修道士達が写本などの作業を行った部屋
騎士の間.jpg

大きな物を修道院に持ち上げる為の“大車輪”
中に人が入って回すそうだ。
車輪.jpg

物が上がってくる“レール?”を上から
車輪2.jpg

下から
車輪3.jpg

昼を食べたレストラン
レストラン.jpg

オムレツが名物
19世紀半ば 宿屋を始めたプラールおばさんが生み出したフワフワの巨大オムレツ
名物 オムレツ店(ラ・メール・プラール)の看板
オムレツ屋.jpg

長いフライパンで作るらしい。
オムレツ屋2.jpg


“ブブロン村”~“モン・サン・ミッシェル” でした。














メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。