So-net無料ブログ作成
欧州旅行編 ブログトップ
前の10件 | -

“ウィーン(オーストリア)” [欧州旅行編]

今日は、「ウィーン(1278年、ルドルフ1世の入城以来、ハプスブルク王朝の本拠地となった。):オーストリア」へ旅行 (バルセロナから飛行機で約2時間)

空港から市の中心部まで“乗り合いバス”で約20分
バス.JPG

「シュテファン寺院」
シュテファン寺院4.JPG

シュテファン寺院.JPG

シュテファン寺院1.JPG
「シュテッフェル」の愛称で親しまれる街の象徴的存在。1147年に小さなロマネスク教会として建設され14世紀にルドルフ4世の命で大々的に改築。ゴシック様式の大教会となった。

モーツァルトがコンスタンツェと結婚式を挙げた教会。
また彼の葬儀も行われた。
シュテファン寺院3.JPG

正面入口
シュテファン寺院6.JPG

外にある模型
シュテファン寺院7.JPG

“夜のシュテファン寺院”
シュテファン寺院8.JPG

“モザイク屋根”
モザイクが美しい瓦屋根には鷲の紋章(ハプスブルクの双頭の鷲)
シュテファン寺院9.JPG

「ペーター教会」
9世紀の創設でウィーンでは2番目に古い教会
ペーター教会.JPG

巨大なドーム屋根が特徴の建物は18世紀にバロックの巨匠ルーカス・フォン・ヒルデブラントが手がけたもの。
バロック建築の傑作と讃えられる。
ペーター教会1.JPG

ペーター教会2.JPG

ペーター教会4.JPG

1708年に完成した天井画(ロットマイヤー作:聖母マリアの被昇天)
ペーター教会5.JPG

「グラーベン通り」
グラーベン通り.JPG

“ペスト記念碑”
グラーベン通りの中央に立つ三位一体像(ペスト記念柱)
17世紀後半、レオポルト1世がペスト流行の終焉を神に感謝して、建築家エアラッハらに依頼して製作したもの。
グラーベン通り1.JPG

「カプツィナー教会」
ハプスブルク家の墓所
カプツィーナ教会1.JPG

1632年に建てたカプツィン派修道院の教会でハプスブルク家代々の墓所。
カプツィーナ教会.JPG

カプツィーナ教会2.JPG

「モーツァルトハウス・ウィーン」
1784年~1787年の3年間モーツァルトが住んだ家
モーツアルトハウス.JPG

内部は記念館となっていて肖像画、手紙、楽譜などが公開されている。
モーツアルトハウス2.JPG

「オペラ座」
オペラ座.JPG

パリのオペラ座、ミラノのスカラ座とともに世界3大オペラ座に名を連ねる。
オペラ座1.JPG

オペラ座2.JPG
1869年 宮廷のオペラ座としてモーツァルトの「ドン・ジョパンニ」で幕を開けた。

オペラ座の前を走る“トラム”
トラム.JPG

夕飯を食べに日本食屋(天満屋)に行きました。
天満屋.JPG

大好きな焼酎(“神の河”)があったので思わずボトルキープ!!
神の河.JPG

「アルベルティーナ」
世界最大級のグラフィックアート・コレクション
アルベルティーナ.JPG

「国立図書館」
1723年 カール6世の命により建設された図書館で設計はバロックの巨匠フィッシャー・フォン・エアラッハが担当。
国立図書館.JPG

「ミヒャエル教会」
ミヒャエル教会.JPG

ミヒャエル教会1.JPG

「旧王宮:ミヒャエル宮」
ミヒャエル広場からミヒャエル宮を望む
ハプスブルク家の歴代皇帝が執務を行うと共に、日々の住まいとした旧王宮。
旧王宮.JPG

“王宮:銀器コレクション”
食器2.JPG

食器1.JPG

食器.JPG

当時のテーブルセットらしい(?)
食器3.JPG

“フランツ1世像”
1806年、申請ローマ帝国が消滅しオーストリア皇帝となった。
旧王宮2.JPG

“英雄広場”
新王宮前の広場 遠くに市庁舎が見える。
英雄広場.JPG

“新王宮”
ネオ・バロック様式の壮大な宮殿
新王宮.JPG
19世紀末に計画されたカイザー・フォーラムの一部として1913年に完成

“王宮庭園”
ナポレオン軍が破壊した城壁の跡地に1819年に皇帝フランツ1世が整備させた庭園
王宮庭園.JPG

王宮庭園1.JPG

1896年にフィクトル・ティルナーが製作したモーツァルト像
色鮮やかなト音記号の花壇で飾られている。
王宮庭園2.JPG

王宮庭園3.JPG

中央には桜の木(?)も
王宮庭園4.JPG

“ブルク門 (新王宮の門)”
新王宮側
ブルグ門.JPG
外側
ブルグ門2.JPG

「マリア・テレジア広場」
王宮のブルグ門を出た正面に広がる広場
マリアテレジア広場.JPG

中央にはオーストリアの栄華の時代を築いたマリア・テレジアの像が立つ。
マリアテレジア広場2.JPG

マリア・テレジア像をはさんで向かい合って立つ
“自然史博物館(上)”と“美術史博物館(下)”
自然科学に関わる資料をはじめ、貴重な宝石類や恐竜の化石、ドナウ付近から出土品も展示
自然史博物館.JPG

ハプスブルク家の膨大なコレクションを収蔵するヨーロッパでも屈指の博物館
美術史博物館.JPG

「国会議事堂」
女神アテナが街を見守る
国会議事堂.JPG

1883年完成 民主主義発祥の地、ギリシアにちなんだ古代ギリシア神殿風の建物
パラス・アテナの泉と呼ばれる正面の噴水には英知の女神アテナの彫像が建つ。
国会議事堂1.JPG

昔は、ここにこんなに人が集まったらしい。
国会議事堂2.JPG

「市庁舎」
市政を司る歴史ある建物
市庁舎.JPG

1872年~1883年にかけて建てられた5つの塔が美しい、ネオ・ゴシックの建物
“フォルクス庭園”から“市庁舎”を望む
市庁舎1.JPG

「ブルク劇場」
ネオ・ルネッサンスとネオ・バロック様式が混在する劇場
ブルグ劇場.JPG

「フォルクス庭園」
フォルクス庭園.JPG


~~~シェーンブルン宮殿~~~
シェーンブルグ宮殿11.JPG

“正門”
シェーンブルグ宮殿1.JPG

“本殿”と前に広がる“庭園”
シェーンブルグ宮殿10.JPG

本殿から遙か遠くのグロリエッテを眺める (全て宮殿内の庭園)
シェーンブルグ宮殿2.JPG

とりあえずグロリエッテまで歩いて行きました。
シェーンブルグ宮殿3.JPG

庭園の中に動物園がある。
1752年に始まった世界最古の動物園
(皇帝が皇妃のために作ったらしい)
シェーンブルグ宮殿4.JPG

“ネプチューンの泉”に到着
シェーンブルグ宮殿5.JPG

“ネプチューンの泉”から“本殿”を眺める
シェーンブルグ宮殿6.JPG

“グロリエッテ”に到着
シェーンブルグ宮殿8.JPG

“グロリエッテ”から本殿を眺める
シェーンブルグ宮殿9.JPG

宮殿内部は写真撮影禁止ということで。。。


~~~ベルヴェデーレ宮殿~~~
英雄オイゲン公の夏の離宮
17世紀にトルコ軍を撃退しウィーンを解放したフランス出身の貴族オイゲン公が建てた夏の離宮
ヴェルベデーレ宮殿16.JPG

“正門”
ヴェルベデーレ宮殿1.JPG

“上宮:迎賓館として使われた”
ヴェルベデーレ宮殿3.JPG

“下宮:住まいがあった”
ヴェルベデーレ宮殿4.JPG

“下宮”から“上宮”を眺める
ヴェルベデーレ宮殿5.JPG

“下宮”から“上宮”まで歩いていきますか。
ヴェルベデーレ宮殿6.JPG

バロック彫刻が美しい庭園(だそうな。)
ヴェルベデーレ宮殿7.JPG

“上宮”から“庭園”、“下宮”を眺める
ヴェルベデーレ宮殿9.JPG

“上宮”のどこかの部屋の天井
ヴェルベデーレ宮殿8.JPG

“上宮:大理石の間”
ヴェルベデーレ宮殿10.JPG
ヴェルベデーレ宮殿11.JPG

“上宮:サーラ・テレーナ”
ヴェルベデーレ宮殿12.JPG

“下宮:黄金の部屋”
ヴェルベデーレ宮殿13.JPG
ヴェルベデーレ宮殿14.JPG

“下宮:グロテスクの間”(今は売店になっている)
ヴェルベデーレ宮殿15.JPG

~~~ フィグルミュラー ~~~
これを食べずにして帰れない驚異の“特大シュニッツェル”
(シュニッツェル:ウィーン風仔牛のカツレツ)
フィグルミュラー.JPG

“フィグルミュラー支店”
フィグルミュラー2.JPG

フィグルミュラー1.JPG

~~~ イースターウサギ ~~~
街角には、イースター(復活祭)だけあって でっかいウサギが!
イースターウサギ.JPG

以上、ウィーン(オーストリア)でした。



“ザルツブルク(オーストリア)” [欧州旅行編]

今日は、「ザルツブルク(モーツァルトの面影を伝える音楽の都):オーストリア」へ旅行
(ウィーンから電車で約3時間(約300キロ))

長距離列車(ドイツまで行ける。)
電車.JPG

“塩の城”を意味するザルツブルクは、古くから塩の交易で栄えてきた街。
モーツァルト生誕の地としても知られ、夏に開催されるザルツブルク音楽祭には世界中からクラシックファンが訪れる。

「ミラベル宮殿」
四季折々の花が彩る美しい宮殿
ミラベル宮殿.JPG
1606年にヴォルフ・ディードリヒが愛人と過ごす為に造らせた。

映画、“サウンドオブミュージック”でドレミの歌を歌いながらマリアと子供達が楽しそうに遊ぶ場面が宮殿内にある庭園で撮影された。

後ろ足だけで立っている“天馬の像”
ミラベル宮殿2.JPG
像のバランスが良くないと2本足だけで長く立っている事はできないらしい。(専門家曰く)

“模型”
ミラベル宮殿1.JPG
昔は、屋根のてっぺんがあったらしい?

「三位一体教会」
天井画が美しいバロックの教会
三位一体教会.JPG

「有名人のお宅シリーズ」
“モーツァルトの生家”
モーツアルトの生家.JPG
モーツァルトはこの家で7歳まで過ごした。

“モーツァルトのピアノ(?)”
モーツアルトのピアノ.JPG

“モーツァルトの住居”
モーツアルトの住居.JPG
1773年から1780年までモーツァルト一家が住んでいた家。ここで200あまりの名曲が作られた。
現在は、記念館として使われている。

“ドップラー効果”を発見した“ドップラー(物理学者)の家”
ドップラーの家.JPG

“カラヤン(指揮者)の家”
カラヤンの家.JPG

裏庭には“カラヤン像”も
カラヤン像.JPG

“ザルツァッハ川” (旧市街と新市街を分ける)
モルダウ川.JPG

“ホーエンザルツブルク城”
新市街側から撮影(中世の城塞としては中央ヨーロッパ最大)
ホーエンザルツブルク城.JPG

“カプツィーナ教会・修道院”
旧市街から撮影
カプツィーナ教会.JPG

“祝祭劇場”
ザルツブルク音楽祭のメイン会場
祝祭劇場.JPG

“ゲトライデ通り”
旧市街随一の目抜き通り
ゲトライデ通り.JPG

それぞれの店の上に掲げられた鉄細工の装飾看板がこの通りの名物
ゲトライデ通り3.JPG

“マクドナルド”も
ゲトライデ通り2.JPG

“大聖堂”
1200年の歴史を刻む聖堂
大聖堂1.JPG

創建は774年と古いが1598年に消失、1614年に再建され後期ルネッサンス様式とルネッサンス様式の混在する姿となった。
大聖堂4.JPG

ヨーロッパ最大級のパイプオルガン
大聖堂3.JPG

モーツァルトが洗礼を受けた大聖堂
モーツァルトも触っていたと言われている置物(?)
大聖堂2.JPG

“レジデンツ”&“レジデンツ広場”
歴代司教の豪華な宮殿
レジデンツ広場1.JPG

中央に噴水のある広場に面してザルツブルグ大司教の居城として使われていたレジデンツが立つ。
残念ながら噴水は工事中で囲いの中
レジデンツ広場2.JPG

“モーツァルト広場”
モーツァルト広場.JPG
中央にモーツァルトの像(1842年除幕式が行われる)が建つ。

“カフェ”
高級カフェらしい。店員は蝶ネクタイをしている。
カフェ.JPG

~~~教会シリーズ~~~
ミラベル宮殿の前に建つ“教会”
教会1.JPG

“サンクト・ペーター教会(?)”
ドイツ語圏内最古の修道院
教会2.JPG
ロマネスク様式の建物

これから“ザルツカンマーグート”に行ってきます。

“ザルツブルグ(オーストリア)”でした。












“ザルツカンマーグート(オーストリア)” [欧州旅行編]

今日は、「ザルツカンマーグート(山と湖に囲まれた皇族たちの避暑地:世界遺産):オーストリア」へ旅行
(ザルツブルクから車で約30分)

“フシュル湖”
フシュル湖2.JPG

フシュル湖.JPG

どうって事の無い静かな湖(女神湖のような感じかな?)


“ヴォルフガング湖”
「ザンクト・ギルゲン(モーツァルト家ゆかりの静かな避暑地)」
モーツァルトの母:アンナ・マリアが生まれ、姉ナンネルが結婚生活を送った街

「モーツァルト母の生家」
モーツァルト母の生家.JPG

「モーツァルト母の4歳の時の像」
モーツァルト母の像.JPG

「ヴォルフガング湖」
湖畔.JPG

どうって事の無い静かな湖(蓼科湖のような感じかな?)

~~~ 街並み ~~~
「小さな教会(モーツァルトの姉が結婚式を挙げた?)」
教会.JPG

「???」
街並み.JPG


「ザンクト・ヴォルフガング(巡礼の街として発展した湖畔のリゾート地)」
976年、聖ヴォルフガングが教会を建てて以来、多くの人々がこの教会を訪れ、巡礼の街として発展した歴史を持つ。

「ザンクト・ヴォルフガング巡礼教会」
ザンクト・ヴォルフガング巡礼教会.JPG

「ヴォルフガング湖」
湖畔.JPG

どうって事の無い静かな湖(白樺湖のような感じかな?)

~~~ 街並み ~~~
「???」
街並み1.JPG

街の背後にそびえる“シャーフベルグ山”へは登山鉄道で登る事ができる。
登山鉄道.JPG

対岸から“ザンクト・ヴォルフガング”を望む
対岸から.JPG

“モント湖”
「モントゼー(豊かな自然を背景にしたアクティブリゾート)」

「シュティフト・プファール教会」
シュティフト・プファール教会.JPG

シュティフト・プファール教会2.JPG

~~~ 街並み ~~~
街並み.JPG

“ザルツカンマーグート(オーストリア)”でした。





“ブダペスト(ハンガリー)” [欧州旅行編]

今日は、「ブダペスト(母なるドナウと歴史が育んだ誇り高き街):ハンガリー」へ旅行
(ウィーンからバスで約3時間(300キロ))

“英雄広場”を散策
ブダペスト随一の広さを誇る記念広場
マジャル人のハンガリー建国1000年を記念して1896年から作られ1929年に完成

英雄広場列柱.JPG

大天使.JPG
「大天使ガブリエル像」
建国記念日の頂上。ローマ法王の夢の中でイシュトヴァーンに王位を授けるよう告げたとされる。

首長像.JPG
「マジャル族の首長像」
建国記念日の台座中央にはマジャル族の首長アールバードと彼を囲む7部族の長の像が並ぶ

聖イシュトヴァーン.JPG
「聖イシュトヴァーン像」
列柱の向かって左端の像。896年にハンガリーを統一したマジャル人のリーダ、ゲーザ公の子にして初代国王

アンドラーシ通り.JPG
「アンドラーシ通り」
“英雄広場”からまっすぐにのびる。

英雄広場を取り囲む様に
ミューチャルノク.JPG
「ミューチャルノク」
1895年に設立された美術館(ルネッサンス調の精巧な装飾が施された外観)

西洋美術館.JPG
「西洋美術館」
英雄広場に面して立つ古代ギリシア神殿を模した建物

周辺には、
ヴァイダフニャド城.JPG
「ヴァイダフニャド城」

セーチュニ温泉.JPG
「セーチュニ温泉」
市民公園にある大規模温泉施設で1913年にオープン。

☆☆☆
“国会議事堂”(国の重要機関にして観光のハイライト)
国会議事堂1.JPG

17年の歳月をかけて1902年に完成した。長さ268m、幅123m、高さ96m、27の門と29の階段を持つ壮麗な建物

国会議事堂2.JPG
「ドナウ川と国会議事堂」

国会議事堂3.JPG
後から

☆☆☆
“聖イシュトヴァーン大聖堂”(市民に親しまれるブダペスト最大規模の大聖堂)
聖イシュトヴァーン大聖堂1.JPG

キリスト教を国教に定め、後に聖人とされたハンガリー初代国王イシュトヴァーンを祭る大聖堂。
1851年に建設が始まるが諸事情により50年の歳月を要した。
聖イシュトヴァーン大聖堂2.JPG

聖イシュトヴァーン大聖堂3.JPG

聖イシュトヴァーン大聖堂4.JPG

聖イシュトヴァーン大聖堂5.JPG
「中央ドーム」直径22m、高さ96mの威容を誇る。ドームの周囲には展望台が設けられている。

聖イシュトヴァーン大聖堂6.JPG
「祭壇」

☆☆☆
“王宮の丘”

「ブダ王宮」
歴代の王が居を構えた王宮。一帯の丘は“王宮の丘”と呼ばれブダ王宮はその中心的存在
ブダ王宮ドナウ川.JPG

ブダ王宮3.JPG

ブダ王宮2.JPG

激動の歴史と共にゴシック、ルネッサンス、バロック、ネオ・バロックと改築の紆余曲折を辿った。
現在は、ゴシック&バロックのセ折束スタイル

カラス.JPG
民族的英雄アールバードを生んだ伝説のカラスの像(とは異なるが、カラスが崇拝されている?)

「マーチャーシュ教会」
モザイク屋根が特徴的なカトリック教会
マチャーシュ教会ドナウ川.JPG

マチャーシュ教会1.JPG

マチャーシュ教会3.JPG

13世紀、ベーラ4世の命令で王宮の建設と同時に立てられた教会。トルコ軍の侵略時にはモスクに改築されたが群の撤退と共にカトリック教会に戻された。
(補修工事中なのが残念)

マチャーシュ教会2.JPG
ジョルナイの建材、セラミックが美しい (そうだ。)

「漁夫の砦」
歴史的な城壁を利用した眺望スポット
漁夫の砦.JPG

漁夫の砦1.JPG
漁夫の砦2.JPG

ネオ・ロマネスク様式の白い尖塔を中心に1899年から6年の歳月をかけて築かれた砦群

「三位一体広場」
ペスト終息の祈りと感謝の像
三位一体広場.JPG

~~~ 周辺には ~~~
「ベートーベンが住んでいた家」
ベートーベンの家.JPG
ベートーベンの家2.JPG

「郵便局」
郵便局.JPG

「旧東ドイツ製 ボディがプラスチックの車」
旧東ドイツ製車.JPG

「くさり橋」
ブダとペストを結ぶ最古の橋
くさり橋1.JPG

くさり橋2.JPG

☆☆☆
“ブダ地区”

「ヴェレシュマルティ広場」
ヴァーツィ通りの北側の入口にある広場。
品の良いショップやgたラリー、カフェなども多く立ち並び市民の憩いの場となっている。中央に立つ大理石像は19世紀の詩人ヴェレシュマルティ。
ヴェレシュマルティ広場2.JPG

ヴェレシュマルティ広場1.JPG
「イースターマーケット」をやっていた。

~~~ 周辺には ~~~
ヴェレシュマルティ広場3.JPG

教会1.JPG

「オペラハウス」(ハンガリー・オペラの殿堂)
オペラ座.JPG

☆☆☆
国境周辺(ウィーン・ハンガリー)は、農場が広がる。
国境3.JPG

風車(風力発電)が沢山
国境1.JPG

国境2.JPG

“ブダペスト(ハンガリー)”でした。


“プラハ(チェコ)” [欧州旅行編]

今日は、「プラハ(世界遺産 百塔の街:チェコ」へ旅行
(ウィーンからバスで約3時間(300キロ))

“プラハ城 ~ マラー・ストラナ”を散策
「プラハ城」
かつてのボヘミア王家の居城と宗教施設の複合施設の総称
9世紀後半、プシュミスル王家によって建設が始まり、14世紀カレル4世の時代に現在の威容を整えた。

全貌
全貌.JPG

西の正門
西門.JPG

場内には衛兵が常駐している。
衛兵交代.JPG

1686年作 コールの噴水
コールの噴水.JPG

聖ヴィート大聖堂
ロマネスク様式の教会を元に14世紀前半から改築が開始され1929年に完成

聖ヴィート大聖堂1.JPG

聖ヴィート大聖堂.JPG

聖堂内部
大聖堂内部.JPG

懺悔室
結婚式前日などにこの部屋に籠り懺悔するらしい。

懺悔室.JPG

パイプオルガン
パイプオルガン.JPG

アルフォンス・ミュシャ作のステンドグラス(約4万枚のガラス片を使用)
ステンドグラス3.JPG

正面のステンドグラス(ゴシック特有のフライングバットレス様式)
ステンドグラス4.JPG

旧王宮
12世紀の建造以降、オーストリア・ハプスブルク家の支配下に入るまで歴代ボヘミア王の住居として使われていた。
旧王宮.JPG
旧王宮1.JPG

プラハ城からマラー・ストラナ広場に
街並み1.JPG

マラー・ストラナ広場
マラーストラナ広場.JPG

マラーストラナ広場1.JPG

マラーストラナ広場2.JPG

聖ミクラーシュ教会(荘厳なバロック建築の教会)
聖ミラーシュ教会.JPG

聖ミラーシュ教会1.JPG

カレル橋(モルダウ川を抱える街のシンボル)
モルダウ川に架かる橋の中で最も古い歴史を持つカレル橋は昔から旧市街とマラー・ストラナを結ぶ重要な役割を果たしてきた。

マラー・ストラナ側の橋塔
橋門1.JPG

橋上からモルダウ川を眺める
ヴルダヴァ1.JPG

ヴルダヴァ2.JPG

橋の両側には30体の聖像彫刻が等間隔に並ぶ
聖ヤン・ネポムツキー
(台座の一部の図柄を触ると幸福になれる?皆が触るので輝いている。)
聖ヤンネポムツキー.JPG

聖ノルベルト・ヴァーツラフ・ジクモンド
聖像.JPG

旧市街側の橋塔
橋門2.JPG

「マラー・ストラナ広場」から「旧市街広場」へ
旧市街広場
旧市街広場.JPG

旧市街広場1.JPG

“イースターマーケット”をやっている。
旧市街広場2.JPG

旧市街広場3.JPG

“旧市庁舎”
旧市街広場周辺のシンボル的存在。最初の建設は11世紀に遡るが現在の姿は、第二次世界大戦で被害を受けた後の大規模な修復後の物
旧市庁舎.JPG

旧市庁舎2.JPG

15世紀建造の天文時計
旧市庁舎1.JPG

“ティーン教会”(街を見渡す二つの尖塔が特徴)
14世紀中頃から16世紀にかけてロマネスク教会の跡地に建設され宗教改革時はフス派の重要な拠点として大きな役割を果たした。
ティーン教会.JPG

教会正面は建物が密集している
ティーン教会4.JPG

実は前の建物と繋がっている。
ティーン教会1.JPG

入口もこれだけ。
ティーン教会2.JPG

教会後部
ティーン教会3.JPG

“聖ミクラーシュ教会”(白亜のバロック建築)
聖ミクラーシュ教会.JPG

聖ミクラーシュ教会1.JPG

教会内部
聖ミクラーシュ教会2.JPG

天井には聖ミクラーシュの生涯や聖書に基づいた美しいフレスコ画が描かれている。
聖ミクラーシュ教会3.JPG

パイプオルガン
聖ミクラーシュ教会4.JPG

「新市街」 (プラハ随一の繁華街)
“ヴァーツラフ広場”
長さ750m、幅60mの広場の両側に伝統あるホテル、レストラン、カフェ、ブティックが並ぶ。
1968年のソ連からの独立運動「プラハの春」、ソ連崩壊による1989年のビロード革命など、数々の歴史的事件の舞台となった場所。
ヴァーツラー広場.JPG

“国立博物館”
16世紀、ボヘミアの貴族であったペルシュタイン家によって建てられたプラハ城内の宮殿を博物館として利用。
国立博物館.JPG

国立博物館1.JPG

国立博物館3.JPG

“国立オペラ座”
オペラ座.JPG

“プラハ本駅”
プラハ駅.JPG

“???”
街並み.JPG

国境周辺(ウィーン - チェコ)は農場が広がる。
車窓1.JPG

車窓2.JPG

“プラハ(チェコ)”でした





“ブリュッセル”(ベルギー) [欧州旅行編]

今日(3年前)は、「ベルギー」へ旅行
(バルセロナから飛行機で約2時間)

“ブリュッセル”を散策
ベルギーの首都であり、ブラバン州の州都。

なんと言っても「小便小僧」
だが、意外と小さい。
小便小僧1.jpg

近づいてみると
小便小僧2.jpg

ブリュッセルの中心地「グランプラス」
17世紀に建造された華麗な建物群が広場を囲む
グランプラス1.jpg

「ブラバン公の館」
ブラバン公の館.jpg

「ブリュッセル市立博物館(王の家)」
市立博物館1.jpg

「ブリュッセル市庁舎」
市庁舎11.JPG

王宮
現在の国王も住んでいる
王宮1.JPG

王宮2.JPG

「サンカントネール公園」
サンカントネール3.JPG

「聖ミッシェル・エ・ギュデュル大聖堂」
ミッシェル・エ・ギュデュル大聖堂.JPG

「ギャルリー・サンチュベール」
ヨーロッパ最古のショッピングアーケード
ギャルリーサンチュベール1.JPG

そして「小便小娘?」
(小便小僧のパロディで作られたらしい?)
小便娘5.jpg

---
朝市(マルシェ)に行きました。
市場1.JPG

市場3.JPG

闘うおばさん(?:ナイスシャッターチャンス!!)
市場2.JPG

そして「国連」
国連前4.JPG

“ブリュッセル”でした。












“ブルージュ”(ベルギー) [欧州旅行編]

今日(3年前)は、「ベルギー」へ旅行
(バルセロナから飛行機で約2時間)

“ブルージュ”を散策
「Bruugge」とは「橋」の意味で町を縦横に流れる運河に50以上の橋が架かる水の都

ブルージュ2.JPG

ブルージュ10.JPG

ブルージュ7.JPG

ブルージュ1.JPG

「マルクト広場(ブルージュの)」
ブルージュ4.JPG

マルクト広場3.JPG

マルクト広場1.JPG

市庁舎
市庁舎1.JPG
ブルゴーニュ公国時代に中央政庁として建てられた。

鐘楼
鐘楼.JPG
世界遺産に登録された市のシンボル

「ワッフルとベルギービール」を食しました。
ワッフル&ビア.JPG


“ブルージュ”でした。
やっぱ、緑の綺麗な季節が最高かな?

“アントワープ”(ベルギー) [欧州旅行編]

今日(3年前)は、「ベルギー」へ旅行
(バルセロナから飛行機で約2時間)

“アントワープ”を散策
スヘルデ川の河口にあるベルギー第2の町
「フランダースの犬」の舞台としても名高い。

「マルクト広場」
広場に面した街並み
アントワープ6.JPG

有名な?
アントワープ4.JPG

アントワープ2.JPG

「ノートルダム大聖堂」
フランドル地方最大のゴシック建築の大聖堂。
1352年に建築が始まり169年後に北塔が完成。鐘楼の高さは123mでアントワープのシンボル
内部には、「ルーベンス」の傑作「聖母被昇天」「キリスト昇架」「キリスト降架」の3連作がある。
(フランダースの犬でネロが「一目見たいと切望したルーベンスの3連画)

ノートルダム0.JPG

「大聖堂壁のブロンズ」 中の一人は本物の人間
ノートルダム1.JPG

中に入ってみると
ノートルダム8.JPG

「ステンドグラス」
ノートルダムステンド1.JPG

「ノートルダム 天井」
ノートルダム天井1.JPG

「天井 Zoom」
ノートルダム天井2.JPG

「キリスト降架」
ノートルダム キリスト降架1.JPG

「キリスト昇架」
ノートルダム キリスト昇架1.JPG

「ルーベンスの家」
ルーベンスが1616年から亡くなるまで住んだ自宅兼アトリエ
ルーベンス家2.JPG

ルーベンス家3.JPG

“アントワープ”でした。






“ブブロン村”~“モン・サン・ミッシェル”(フランス) [欧州旅行編]

今日は、「パリ」から「モン・サン・ミッシェル」へ
(パリから400km、バスツアーで約4時間)

途中“ノルマンディ地方の田舎町(ブブロン村)”を散策

“ブブロン村”
伝統ある建築
村にある家は全てこんな感じ。
ノルマン1.jpg

ノルマン2.jpg

ノルマン3.jpg

ノルマン4.jpg

ノルマン5.jpg


遠くに“モン・サン・ミッシェル”が見えてきた。
モンサン2.jpg

あと一息
モンサン1.jpg

“モン・サン・ミッシェル修道院”
1300年の歴史を秘めた「ラ・メルヴェイユ(驚異)」と呼ばれる中世教会建築芸術の傑作

“王の門”
王が派遣した衛兵がここに詰めていた。
王の門.jpg

“グランド・リュ” 修道院の参道
参道.jpg

“護衛の間”
“グランドリュ”を上り詰めた所にある修道院の入口
護衛の間.jpg

“大階段”
90段の階段からなる修道院見学最大の難所
高い壁に囲まれ進入した敵を狙い撃ちする為の橋が架かっている。
大階段.jpg

“西のテラス”
大階段を上りきると広い空間が広がる。
海抜80mの展望台
西のテラスから.jpg

“西のテラス”から“修道院”を望む。
西のテラスから2.jpg

“修道院”内部
“身廊”は11~12世紀にかけて造られたロマネスク様式、奥の“内陣”“後陣”は16世紀のゴシック様式
修道院内部.jpg

“回廊”
回廊.jpg

“食堂”
食堂.jpg

“貴賓室”
大切な来客者たちはここに迎えられた。
貴賓室.jpg


“サンテティエンヌ礼拝堂”
礼拝堂.jpg

“騎士の間”
修道士達が写本などの作業を行った部屋
騎士の間.jpg

大きな物を修道院に持ち上げる為の“大車輪”
中に人が入って回すそうだ。
車輪.jpg

物が上がってくる“レール?”を上から
車輪2.jpg

下から
車輪3.jpg

昼を食べたレストラン
レストラン.jpg

オムレツが名物
19世紀半ば 宿屋を始めたプラールおばさんが生み出したフワフワの巨大オムレツ
名物 オムレツ店(ラ・メール・プラール)の看板
オムレツ屋.jpg

長いフライパンで作るらしい。
オムレツ屋2.jpg


“ブブロン村”~“モン・サン・ミッシェル” でした。














“シャンゼリゼ大通り~凱旋門”(フランス:パリ) [欧州旅行編]

今日は、「パリ」へ旅行
(バルセロナから飛行機で約1時間30分)

“シャンゼリゼ大通り~凱旋門”を散策

“シャンゼリゼ大通り”
車道(車通りも多い!)
パリは車優先?のような気がした。
シャンゼリゼ大通り.jpg

“グラン・パレ”
1900年 第5回パリ万博のメイン会場となった豪華な宮殿
グランパレ1.jpg

グランパレ2.jpg

歩道(人通りも多い!)
シャンゼリゼ通り.JPG

“ルノー”にF1が展示してありました。
ルノー1.JPG

ルノー2.JPG

“ヴィトン本店”
ヴィトン.JPG

“凱旋門”
“シャンゼリゼ大通り”の西端、シャルル・ド・ゴール広場の真ん中
軍隊の勝利と栄光を讃えるための建造物
1806年 ナポレオン1世の命で着工、1836年 完成

凱旋門2.JPG

凱旋門1.JPG


“シャンゼリゼ大通り~凱旋門”でした。



前の10件 | - 欧州旅行編 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。