So-net無料ブログ作成
徒歩10分圏内編 ブログトップ

“ペドラルベス修道院” (サリア) [徒歩10分圏内編]

“サリア”は1921年にバルセロナに合併されるまで一つの独立した町だった。

今日は、家の周辺(徒歩10分圏内)を散策
「ペドラルベス修道院」へ

アラゴン国王 ジャウメ2世の最後の妻、女王エリセンダが創設
14世紀の見事な建築物にはカタルーニャゴシックの簡素さと気品が良く現れている。
この修道院には、現在も聖クラス会の修道女たちが暮らしている。

“ボナノバ通り”から細い路地を入る。
修道院1.jpg

修道院2.jpg

修道院3.jpg

修道院4.jpg

修道院5.jpg

修道院6.jpg

修道院8.jpg

修道院内部へ入ってみました。
中庭
修道院9.jpg

修道院内部2.jpg

修道院内部から1.jpg

修道院内部から3.jpg

修道院内部から4.jpg

壁画(?)
修道院内部1.jpg

修道院内部3.jpg

食堂
食堂.jpg

キッチン
キッチン2.jpg

タイルで装飾された流し
キッチン.jpg

併設された教会(?)入口
礼拝堂入口.jpg

教会内部
礼拝堂内部1.jpg

“ペドラルベス修道院”でした。









“サンタ・テレサ学院” (サリア) [徒歩10分圏内編]

“サリア”は1921年にバルセロナに合併されるまで一つの独立した町だった。

今日は、家の周辺(徒歩10分圏内)を散策
「サン・テレサ学院 (ガウディ作)」へ

ガウディが前任建築家から引継ぎ1890年に完成させた、ムデハル様式の女子修道院
以後、ガウディ建築のシンボルとなる。
4本腕の十字架が初めて登場した事でも知られる。
現在も女子校として使用されている。

テレサ学院1.jpg

テレサ学院.jpg

テレサ学院2.jpg

テレサ学院3.jpg

“サンタ・テレサ学院”でした。

“サン・ビセンテ教会” (サリア) [徒歩10分圏内編]

“サリア”は1921年にバルセロナに合併されるまで一つの独立した町だった。

今日は、家の周辺(徒歩10分圏内)を散策
「サン・ビセンテ教会」へ

サンビセンテ教会1.jpg
休みの日は教会の前のカフェでのんびりする人がたくさん。

教会内部
サンビセンテ教会2.jpg

“サン・ビセンテ教会”でした。

“サリア・メルカド” (サリア) [徒歩10分圏内編]

“サリア”は1921年にバルセロナに合併されるまで一つの独立した町だった。

今日は、家の周辺(徒歩10分圏内)を散策
「サリア・メルカド(市場)」へ
「モデルニスモ様式(?)の市場」だそうです。

メルカド1.jpg

メルカド2.jpg

メルカド3.jpg

魚介類、野菜、肉など 何でも揃う。ここでよく買い物をしています。

“サリア・メルカド”でした。

徒歩10分圏内編 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。